リフォーム内容は費用と相談して

Posted on

こんにちは、新築そっくりさんでリフォームを考えているRです。

前回二世帯住宅リフォームで懸念されがちな問題点をいくつか紹介しました。

前回書ききれなかったのですが、忘れてはいけない「水道光熱費」の問題があります。

建物の都合上、水道光熱費が二世帯まとめて請求されてしまった、とうことも多々あります。

電気、水道、ガスなどの請求を二世帯別々にわけるには建物の形状に条件があるので、リフォームをしたとき、どうしてもうまくわけられなかった時のことを考えて親世代と子世代でどうするのかしっかり話し合っておきましょう。

後々どっちが払う、払わないとケンカにならないよう回避できるトラブルは回避しましょう。

キッチンやお風呂の水まわり設備というのはどうしても高額になってしまいますので完全分離型だとリフォームのコストが増えてしまうというのが金銭的には痛いところです。

同居する親がご主人側か奥さん側かで気の使い方や生活スタイルの内容ががらりとかわってきます。

一緒に住んだほうがいい!という考えだけでなく、細部まできちんと、未来のこともかんがえてプランをねらないといけないことがたくさんあります。

新築そっくりさんでは相談にも乗ってくれますので、どういうふうにしたいかという漠然なものだけでもいいので家族間で決めておき、プロの意見を交えてふたたび決めていくといいかと思います。

お風呂なども入浴時間が様々だったりと2つあったほうがいい、と思いますが単発的なリフォーム費用とその後長期敵にかかる光熱費の兼ね合いというのは素人にはわかりません。

金銭的な話は聞きにくいな・・・なんて思わずどんどん聞いて自分達の家族にあった素敵な家を建てましょう。