そもそも二世帯住宅ってどんなもの?

Posted on

新築そっくりさんでリフォームをしようと考え続け、二世帯住宅について色々知れべています。

そもそも二世帯住宅とはなんぞやと思う人もいるかもしれないので簡単に説明します。

まずこちら、二世帯住宅についての記事です。

※参考までに≫≫≫「二世帯住宅、三世代同居」がうまくいく条件とは? : 大手小町 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「二世帯住宅」とは「親の世帯」と「子の世帯」が1つの建物に住む住宅のことをいいます。

同じ住宅に住みながら親と子の世帯がそれぞれ独立したかたちで生活するスタイルのことを「二世帯住宅」といいます。

同じ住宅なので郵便物も二世帯分同じところに届きますので、郵便ポストをわけるようにしておくといいでしょう。

二世帯住宅のメリットとしてあげられるのはやはり大家族ならではの楽しさがありますし、災害時も同じ住宅なので安心できます。

金銭面の話をすると住宅費、光熱費を抑えられ、固定資産税が軽減されることなどがあります。

自分の親であれ、相手の親であれ生活スタイルの違う他人ですので1つの住宅でどのていどの空間を共有していくのか、プライバシーを守るにはどうすべきか、和気藹々な家族団欒という楽しい面だけを見ていてはいけません。

そして、二世帯住宅には3つのタイプがあります。

「完全同居タイプ」「一部同居タイプ」「完全分離タイプ」です。

「完全同居タイプ」はお互いの寝室や個室以外の全てを二世帯で共有するものです。

新築そっくりさんでの工事費や、水道光熱費を抑えることが出来ますがプライバシーは保ちにくいです。

親世帯が単身の場合や小さい子供がいる家族に向いています。